2009年12月02日

世界初、成人細胞でiPS 自身の組織で安全 山中・京大教授ら

成人のヒトの皮膚線維芽(せんいが)細胞から作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)をそのまま増殖させることに、京都大学の山中伸弥教授(分子生物学)と高橋和利講師(同)らの研究チームが成功し、2日付(日本時間)の米科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載された。胎児の皮膚線維芽細胞を使っての成功例はあるが、成人では世界で初めて。


 これまで、細胞の増殖を助けるマウスの線維芽細胞に、ヒトの線維芽細胞から作製したiPS細胞をまいて増殖させる方法が一般的だったが、マウスにウイルスがある可能性があり安全性が問題となっていた。

 研究チームは、30代〜70代の成人計3人から採取したヒトの皮膚線維芽細胞を一皿ずつ入れ、iPS細胞の作製に必要な4因子をそれぞれ導入して作製。その後、自然に増殖し約130日間でそれぞれ10倍以上に増えた。遺伝子解析を行ったところ、増殖したヒトiPS細胞は正常に分化していることも確認できた。

 研究チームは「iPS細胞での再生医療を必要とするのは、ほとんどが成人」と指摘。その上で「マウスだけでなく、他人の胎児の線維芽細胞を使っても未知のウイルスが混入する可能性はある。自分自身の細胞からiPS細胞を増殖させる方法が最も安全。今回の研究は、その方法の実現へ一歩となる」としている。


こうした分野で日本がリードをしているのは疑いのない事実で

ただ、最近あった事業仕訳で

研究分野に予算の見直しがあったことを

考えると、一方でジレンマのようなものを

思い起こしてしまうのは少ない人数ではないだろう。



民主党対中外交の「腰砕け」小沢氏「百万、千万の味方を得たような・・
世界初、成人細胞でiPS世界最悪の空港はヒースロー
日本郵政経営陣に退任促す「カブドットコム」社員、インサイダー取引か
JR西利用者に駐車料金割引経常黒字、縮小幅最大=34%減
小児救急の電話相談、深夜対応4府県郵政見直しに重ねて意欲
posted by にしこれ at 17:54| Comment(3) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何がすごいかというと注目すべき点が

多々あります。
Posted by ザ・ベストテンって音楽番組としては金字塔! at 2009年12月30日 17:18
より多くの人の目に留まる可能性があります。
Posted by ブログ、SNSに取って代わる宣伝方法! at 2009年12月30日 17:19
http://seo-part2.seesaa.net/article/155499897.html
あなたのお店やブログの集客Upに繋がるかも?・・・
Posted by 招き猫をブログパーツにしてみました at 2012年01月25日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ブログのみ宣伝できます

xa無料 SEO 対策ツ-ル
xb検索エンジン登録 ASSISTANT
xc被リンクを増やすシステム
xdおもちゃ 通販
xe相互リンク SUPPORTER
LOGPI!!ようこそログピへ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。